2-1-1.基本テンプレートの作り方 PR

【図解エクセル】株式投資信託・資産運用管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方と基本テンプレートの使い方<無料配信>(SBI証券用・1人・積立NISA対応)

【図解エクセル】株式投資信託・資産運用管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方と基本テンプレートの使い方<無料配信>(SBI証券用・1人・積立NISA対応)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
じゃなさん

「SBI証券」のポートフォリオの作り方と基本テンプレートの使い方じゃな。これも、基本の「き」じゃな!

アイコン名を入力

基本中の基本です。NISAにも対応しています!

アイコン名を入力
  • このブログのテンプレートは定年後のシニア(高齢者)の私が、毎週末に作成している資産運用記録に使っているものです。
  • 私がこれらテンプレートを作った理由は、証券会社のWEBサイトのデータを自分の手のひらに乗せて自分の好きな方法で自分のオリジナルな方法でポートフォリオ(円グラフ)を作成して資産管理をしたかったからです。
  • 私と同じシニア(高齢者)の方にでもできるような優しい方法です。と言おうか、私が難しい方法でできませんので。(^▽^)
  • 全てコピペで、楽天証券・SBI証券・SBIネオモバイル証券WEBサイトからデータをいただいて、ExcelやGoogleスプレッドシートピボットテーブルで集計と円グラフ化をしているだけです。(^▽^)
  • そして、親子2世代運用、3世代運用をすることで「リスクを取りながら資産寿命を延ばせないか」「次世代の金融リテラシーを高められないか」と考えながら資産運用を続けています。

  今回の記事は、こんな人におすすめです。

こんな人にオススメ
  • 株初心者の人
  • SBI証券WEBサイトのデータを使って、エクセル(Excel)・ピボットテーブルで株管理ポートフォリオを作成して資金管理を行いたい人
  • 自分なりのオリジナルな仕訳で、アセットアロケーションの確認やポートフォリオの見える化、可視化、ビジュアル化して資金管理、資産運用を行いたい人
  • NISAの資金管理もおこないたい人
  • 株アプリ使い方が分かりにくい使いづらいと思う人、無料版を探している人
  • 株アプリデメリットを補完するため、エクセルやGoogleスプレッドシートを併用して使いたいと思う人

株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用Excel基本テンプレートのダウンロード(SBI証券用・1人用・積立NISA対応)※Googleスプレッドシート版も有り

 配信するテンプレートでは、購入銘柄や数字は、アレンジさせていただいております。

 みなさまの何か役に立てれば幸いです。 

 手元にない方は、下のダウンロードボタンを押して下さい。

  • 【図解】見える化・具体的手順(SBI証券)
  • 【A】SBI証券データ貼付方法 ※SBI証券Webサイトからコピペ(テキスト貼付)したもの
  • 【B】コード表(自作)   ※銘柄テーブル
  • 【C】データベース(自作) ※各証券会社のデータを共通化するためのデータベース
  • 【D】見える化(自作)   ※集計、グラフ

SBI証券サイトの保有資産のデータ【A】を使って、自分の思い通りの見える化をする方法を説明します。

Googleスプレッドシート版は、【図解Googleスプレッドシート】株投資信託・資産運用・資産管理ポートフォリオの作成と基本テンプレートの使い方(SBI証券・積立NISA等対応)をご覧ください。

じゃなさん

SBI証券と楽天証券では何が違うんかい?

かん

基本的な考え方は、どの証券会社も同じですよ。

かん

それぞれの証券会社独自のデータを同じ土俵に置き変え、その結果をピボットテーブルの集計結果やピボットグラフで見える化する、ということです。

かん

各証券会社独自のデータを同じ土俵に置き換えていますから、各社のデータを連結(合体)して一つのデータとして活用できます。そこが当ブログのウリです。

※各社のデータを連結(合体)して一つのデータとして活用する方法は、SBI証券・楽天証券・SBIネオモバイル証券の合体版を参照してください。

※更に、これら週末のデータを連結したデータベースを作成すれば、推移(変遷)を見れるグラフの作成もできます。それらは、【Excel】株管理ポートフォリオの推移グラフはピボットテーブルがオススメ【事例:親子2世代運用NISA対応版で出口戦略】をご覧ください

じゃなさん

まあ、そういうことじゃな。言うのは簡単。とにかく、具体的にやらんと、進まん進まん。やってみよう。

注意事項

マクロは使っておらず、カスタマイズは可能です。

ダウンロードは自由ですが、ご利用は自己責任でお願いします。

※ダウンロードの際は、プライバシーポリシー/免責事項/著作権/リンク等を参照下さい。

当ファイルを利用することにより生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

質問や要望などありましたら、お問い合わせフォームにご連絡ください。できるだけのことはさせていただきます。

Excel基本テンプレートの使い方と株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方~「見える化」の手順(SBI証券用・1人用・積立NISA対応)

【図解】為替リスク・エクセル・Excel・スプレッドシート×マネーフォワード】【最速】【暴落】株投資信託・資産運用・資産管理・ポートフォリオの見える化テンプレートの使い方(証券3社・銀行3社・タンス預金・家族親子3人用)【図解エクセル】明日の暴落を想定した見える化で暴落に備えるテンプレートの使い方 ※ ポートフォリオ(現在、調整、暴落想定、リバランス)
※今回の記事は、左端の「現在」のポートフォリオ作成の内容です。その右側の「調整用」「暴落想定」「リバランス」用の作成は別記事を参照して下さい。
かん

今回の証券会社は、SBI証券1社だけで説明します。みなさんはハイブリッド預金口座で住信SBIネット銀行も同時に利用していると思いますので、住信SBIネット銀行も含めて説明します。

株管理ポートフォリオ作り方~「見える化」までの具体的手順

 下の枠の中の番号①から⑥が「見える化」までの具体的手順です。(※図解で具体的に説明しますが、文字が小さくて見えにくい場合は、上記ダウンロードデータでご確認ください。)

① 住信SBIネット銀行の預金口座残高、SBI証券のデータを【C】データベース【左】に貼り付ける(手動)

  【以下②~⑤は、数式・関数で自動的に処理が行われる部分です】

②【C】データベース【左】 ←→【C】データベース【中央】(自動)

③【C】データベース【中央】←→【C】データベース【右】(自動)

④【C】データベース【中央】←→【B】コード表(自動)

⑤【B】コード表 ←→【C】データベース【右】(自動)

⑥【C】データベース → 【D】ピボットテーブルにより集計グラフ化(手動・更新)

じゃなさん

この手順を見ると、楽天証券の場合と同じじゃな。黒丸番号①で銀行と証券会社の現金残高を手動で入力して、証券会社の保有株式データをコピー貼り付ける(コピペ)だけで、あとは、黒丸番号⑥で更新をかければ「見える化」できるということじゃな。それだけなら、ワシでもなんとかなりそうじゃな。

かん

それでは、図解入りで具体的に説明しますね。図の中の赤丸の番号①から㉖までを順番に実行すれば、手動でのデータの貼付が終わります。赤丸①を【図解・①】と記載して順番に説明します。

SBI証券のデータ貼付方法
※ SBI証券のWEBサイトのデータをオリジナルのデータベースに貼り付けた状況
※ SBI証券のWEBサイトのデータをオリジナルの【C】データベースに貼り付けた状況

【図解・①】 住信SBIネット銀行にログインして、各口座の残高を【C】データベース【左】部分に入力する(手動)

  • 【図解・①】住信SBIネット銀行にログインして、普通口座残高、ハイブリッド口座残高、外貨口座残高などを【C】データベース【左】の住信SBIネット銀行①に入力する。

【図解・②~㉖】SBI証券の保有資産データを【C】データベース【左】部分に貼り付ける(手動)

  • 【図解・②】SBI証券にログインし、「口座管理」>「口座(円建)」②を開く。
  • 【図解・③~④】口座サマリーの保有資産評価の中の「SBI証券口座分」の金額を、【C】データベース【左】のSBI証券口座分④に入力する。
  • 【図解・⑤~⑥】「口座管理」>「口座(円建)」を開いた時点で、保有する国内株式の「評価損益」⑤が表示されており、その表の全体をコピーして、【C】データベース【左】の評価損益⑥の部分へテキスト(値)のみ貼り付ける。
  • 【図解・⑦~⑧】上記同様に、「NISA」⑦の商品を保有しておれば、同じく「NISA」の評価損益⑧の部分へテキスト(値)のみ貼り付ける。
  • 【図解・⑨~⑪】次に、「評価損益」から「評価額」へ変更し、⑤⑥と同様に、その表⑩の全体をコピーして、【C】データベース【左】の評価額⑪の部分へテキスト(値)のみ貼り付ける。
  • 【図解・⑫~⑬】上記同様に、「NISA」⑫の商品を保有しておれば、同じく「NISA」の評価額⑬の部分へテキスト(値)のみ貼り付ける。
じゃなさん

ふっ--、まだかいな?

かん

 あとひと息。

 今からする外貨建て商品も、先ほどの国内商品と基本は同じです。違う点は、為替が絡んでくる点です。

  • 【図解・⑭】「口座管理」>「口座(円建)」から「口座管理」>「口座(外貨建て)」⑭へ変更する。
  • 【図解・⑮~⑯】まず、口座サマリー(外貨建商品)の中で買付余力がある外貨⑮(図の場合、「米ドル(USD)」)のコピーを取り、【C】データベース【左】のSBI証券の現預金欄⑯へテキスト(値)のみ貼り付ける。
  • 【図解・⑰~⑱】更に口座サマリーの参考為替レート⑰の為替を【C】データベース【左】の為替の欄⑱へテキスト(値)のみ貼り付ける。(図の場合は、米ドルだけであるが、他にあれば同様に追加する)
かん

 今、説明した口座サマリー(外貨建商品)の中で買付余力がある外貨⑮(図の場合、「米ドル(USD)」)は、ドル表記のままコピペするので、必ず、口座サマリーの参考為替レート⑰の為替(円/米ドル)を【C】データベース【左】の為替の欄⑱へテキスト(値)のみ貼り付けることを間違えない(忘れない)で下さいね。 

※「評価額」と「評価損益」の欄の金額が、「日本円」に換算されていることが重要!

かん

 次に、今からする外貨建て商品も、最初はドル表示になっています。ここは、日本円表示に変更して、その日本円に換算した金額をコピペして下さいね。ここも間違えないで下さい。

※「円換算・評価損益⑲」「円換算・評価額㉒」の部分です。

  • 【図解・⑲~㉑】
  • 外貨建て商品の一覧は、ドル表示になっていますので、「円換算・評価損益⑲」に切り替える。その表⑳の全体をコピーして、【C】データベース【左】の海外分の評価損益㉑の部分へテキスト(値)のみ貼り付ける。
  • 【図解・㉒~㉔】
  • 次に、「円換算・評価損益」から「円換算・評価額㉒」へ切り替え、その表㉓の全体をコピーして、【C】データベース【左】の評価額㉔の部分へテキスト(値)のみ貼り付ける。
  • 【図解・㉕~㉖】
  • 上記同様に「NISA」枠で海外の商品を保有しておれば、同じく㉕、㉖の部分へテキスト(値)のみ貼り付ける。(私は持ち合わせていなかったので、図では空欄になっています。)
じゃなさん

終わったんかいな?

かん

 ハイ、これでデータの貼り付け作業終わり。とにかく、「評価額」と「評価損益」は「日本円」で表示され集計されたということです。この「日本円に統一」を間違えないでくださいね。

 ご苦労様でした!!

【C】データベース→【D】ピボットテーブルによりMy資産ポートフォリオの見える化・集計グラフ化(更新)

じゃなさん

ところで、見える化は?

かん

 見える化は、楽天証券と全くおなじ。1回目だけは自分好みの設定しておけば、2回目からは「更新」するだけですよ。

※ SBI証券のWEBサイトのデータをオリジナルのExcelデータベースに貼り付け、ピボットテーブルにより集計しグラフ化(見える化)した状況
※ SBI証券のWEBサイトのデータをオリジナルのExcelデータベースに貼り付け、ピボットテーブルにより集計しグラフ化(見える化)した状況
じゃなさん

たしかに、やり方は楽天証券の場合と同じじゃな。説明省略!

 

【図解】見える化・具体的手順(SBI証券)

ダウンロードしたファイルの中に 「【図解】見える化・具体的手順(SBI証券) 」というシートがありますので、それを見れば全体が俯瞰して見えます。拡大すれば、具体的に実行する手順もわかります。

じゃなさん

見える化の手順は、ダウンロードしたファイルの中のシート名「【図解】見える化・具体的手順(SBI証券) 」 でも見えるんじゃな。ヨシヨシ

※今回の記事は、4つのポートフォリオのうち、左端の「現在」のポートフォリオ作成の内容です。その右側3つの「調整用」「暴落想定」「リバランス」用の作成は別記事を参照して下さい。

コード表の作成方法(株管理ポートフォリオ作成用Excelテンプレート対応)

かん

ピボットテーブルとVLOOKUP関数と、この「コード表」を使えば自分だけのオリジナルな分析ができますよ。このコード表でミスしやすいのは、新規の銘柄の入れ忘れですね。😁

株式投資【Excelテンプレート】コード表の作り方
コード表の作成方法(株管理ポートフォリオ作成用テンプレート)ポートフォリオ作成用テンプレートの中のコード表の説明です。このコード表の特徴は、オリジナルの項目を作ることにより、思い通りの角度からMy資産の見える化可視化が可能になることです。 証券会社のWEBサイトや市販のアプリでは思い通りの見える化可視化や分析ができないと思われている方に向いています。 社員あの方で出口戦略や親子2世代運用でお悩みの方もどうぞご利用ください。...

【要注意!】エクセル・スプレッドシート及びピボットテーブルの操作方法で注意する点(株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用Excelテンプレート対応)

かん

ピボットテーブルは1回作ってしまえば、あとが楽です。「データの更新」をすればいいだけですから。ピボットテーブルでよくやる間違いは、「範囲指定の間違い」とこの「データの更新」忘れです。

要注意!【エクセル:エラー事例】株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用のエクセル・スプレッドシート及びピボットテーブルの使い方で注意する点
要注意!【エクセル:エラー事例】株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用のエクセル・スプレッドシート及びピボットテーブルの使い方で注意する点 今回の記事は、ExcelのピボットテーブルをGoogleスプレッドシートにコンバートすることに関する悩みや、ピボットテーブルの参照元データの範囲指定の失敗等に対し回答するものです。  当ブログの株式投資ExcelテンプレートをGoogleスプレッドシートにコンバートする際、ピボットテーブルの集計で同じようなミスが何度も出てくると思われます。  私がそのようなときに解決した方法、その原因と対策を記事にしました。参考になれば幸いです。...

まとめ:株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用Excel基本テンプレートのダウンロード(SBI証券用・1人用・積立NISA対応)※Googleスプレッドシート版も有り

 今回の記事は

こんな人にオススメ
  • 株初心者の人
  • SBI証券WEBサイトのデータを使って、エクセル(Excel)・ピボットテーブルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)を作成して資金管理を行いたい人
  • 自分なりのオリジナルな仕訳で、アセットアロケーションの確認やポートフォリオ(円グラフ)の見える化、可視化、ビジュアル化して資金管理、資産運用を行いたい人
  • NISAの資金管理もおこないたい人
  • 株アプリ使い方が分かりにくい使いづらいと思う人
  • 株アプリデメリットを補完するため、エクセルやGoogleスプレッドシートを併用して使いたいと思う人
  • 無料版を探している人

に向けた記事でした。

かん

 楽天証券やSBIネオモバイル証券についても、同じ土俵(データベース)に上げてピボットテーブルを使い見える化を図っています。

じゃなさん

了解。また頼むな。暴落の分もじゃな。

※今回の記事は、「現在」のポートフォリオ(円グラフ)作成の内容です。「調整用」「暴落想定」「リバランス」用の作成は別記事を参照して下さい。

※【楽天市場】楽天市場で「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

※【メルカリ】メルカリで「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

【関連記事】

【絶対・参照】全てに共通する株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成テンプレートの基本記事

【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事5本<全て無料>(SBI・楽天証券・2024年の新NISA移行対応予定)※Googleスプレッドシート版あり
【2024年の新NISA移行対応】【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事4本<全て無料>(SBI・楽天証券)※Googleスプレッドシート版あり 今回の記事は、いまさら聞けない基本の「き」として、エクセルによるSBI証券と楽天証券とSBIネオモバイル証券の株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方の基本記事を集めました。途中からブログ記事を読んだ方で、基本に戻って作り方や使い方を知りたいと悩んでいる方へ向けたものです。  一度作成してしまえば次回からは意外と簡単にポートフォリオができてしまいます。  全て無料配信です。  私が現に使っているExcelテンプレートを多数公開していますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。  参考になれば幸いです。...

これまでに公開したテンプレートに関する記事一覧はコチラです。(リスク別テンプレート一覧はコチラです。) 

※【楽天市場】楽天市場で「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

※【メルカリ】メルカリで「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗


ABOUT ME
CAN(かん)
●60歳でサラリーマン定年退職後、10年目。「今日が一番若い日」と言いながらブログを始めたブログ初心者のオヤジです。●3つの証券会社分&家族全員分&100銘柄分をまとめて見える化できるExcelテンプレート無料配信中!
こちらの記事もおすすめ!
【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルの集計(合計・総計)が参照元データの集計と合わない、集計できない場合の原因と修正方法(事例②:「範囲の更新忘れ」or「範囲指定の間違い」) 2-5.Excel・スプレッドシート・ピボットテーブルの使い方

【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルの集計(合計・総計)が参照元データの集計と合わない、集計できない場合の原因と修正方法(事例②:「範囲の更新忘れ」or「範囲指定の間違い」)

2022年10月26日
らくぶる
今回の記事は、Excelのデータベースをピボットテーブルで集計したとき、参照元データ(データソース)の集計値とピボットテーブルの集計値(合 …
【図解Excel】同時リスク(暴落×円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(楽天・SBI・ネオモバイル証券、老後資金の親子2世代運用分、投資信託含む)【MF最速版】<無料配信> 2-2-3.ダブルリスク

【図解Excel】同時リスク(暴落×円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(楽天・SBI・ネオモバイル証券、老後資金の親子2世代運用分、投資信託含む)【MF最速版】<無料配信>

2022年8月26日
らくぶる
更新(2023/02/19):配信テンプレートの修正更新(【C】データベースの列ADの「銘柄」を【B】コード表からVLOOKUP関数で引く …
【図解エクセル】<無料>明日の急激な円高を想定した株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方【為替リスク:表面上の円建てか否かで区分】【楽天証券・親子2世代運用・NISA対応版】  2-2-2.為替リスク

【図解エクセル】<無料>明日の急激な円高を想定した株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方【為替リスク:表面上の円建てか否かで区分】【楽天証券・親子2世代運用・NISA対応版】 

2022年6月15日
らくぶる
 こんにちは。 「かん」といいます。m(_ _)m じゃなさん 今度は為替リスク、円高リスク対策用ポートフォリオの作り方とテンプレー …
【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:【Excelテンプレート】株投資信託・資産運用管理ポートフォリオが作成できる基本テンプレートの配信<無料>(楽天+SBI証券等) 2-1-1.基本テンプレートの作り方

【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:【Excelテンプレート】株投資信託・資産運用管理ポートフォリオが作成できる基本テンプレートの配信<無料>(楽天+SBI証券等)

2022年5月18日
らくぶる
じゃなさん 今度は「Excel」に「マネーフォワードME」を使ったポートフォリオの作り方の基本テンプレートじゃな。それの「SBI証券」+「 …