2-2-2.為替リスク PR

【図解エクセル】<無料>明日の急激な円高を想定した株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(楽天証券・親子2世代運用・NISA対応版)【為替リスク:実質上の円建てドル建てで区分】

【図解エクセル】<無料>明日の急激な円高を想定した株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(楽天証券・親子2世代運用・NISA対応版)【為替リスク:実質上の円建てドル建てで区分】
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 こんにちは。 「かん」といいます。

じゃなさん

次!

  • 為替リスク(円高リスク)対策用テンプレートの使い方。
  • 「投資信託や東証米国ETFなど表面上は円建ての商品であるが、内容はドル建てであるため、為替リスク有とした」ものじゃな。
  • これは「楽天証券・家族3人版・親子2世代運用・NISA対応版」じゃ。
  • それのExcel版!

  今回の記事は、こんな人におすすめです。

こんな人にオススメ
  • 急激な円高となった際、狼狽せず落ち着いて資金管理できるように、事前に円高による大幅下落を想定・シミュレーションしたい人
  • 為替リスク「有リスク資産」と「無リスク資産」の評価額とその割合を把握しておきたい人
    • (※このテンプレートは「実質上の円建て資産とドル建て資産」の観点で為替リスクを捉えています。)
  • 家族(複数人名義)の楽天証券の証券口座と銀行口座を一体化して、エクセル・ピボットテーブルで資金管理を行いたい人(銀行口座を含む)
  • シニアの方で親子2世代運用を行いたい人
  • 証券会社WEBサイトのMy資産ではなく、自分なりのオリジナルな仕訳をして見える化、可視化、ビジュアル化したい人
  • NISAの管理もおこないたい人
  • 確認用、検算用として日々の資金管理のサブで別角度から集計をしたい人

当記事のポートフォリオ作成用Excelテンプレートにおいての「為替リスク」の捉え方(実質上)

「実質上の円建てかドル建てか」で為替リスクを区分

  今回の記事は前回の記事に大事な点を追加しました。前回の為替リスクの記事(テンプレート)では、

 ・投資信託

 ・東証上場の米国ETF

は、為替リスクの対象に入れていませんでしたが、今回の記事では、為替リスクのある投資信託と東証ETFをその対象に追加しました。

この記事のウリ

今回の記事の為替リスクの計算については「為替ヘッジなしの投資信託」や「東証上場の為替ヘッジなしの米国ETF」も追加しました。

シンプル、スピード、システム、ビジュアル化した資産管理

じゃなさん

 ウリじゃない!当然の話じゃ!

かん

 すみません(_ _)(_ _)(_ _)

株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用・Excelテンプレートのダウンロード

 ダウンロードは、下のダウンロードボタンを押して下さい。

 このテンプレートには、下のとおり、1個のExcelファイルにシート毎に分けて保存しています。

  • 【B】コード表(自作)   ※デモテーブル、銘柄テーブル
  • 【C】データベース・楽天証券1社・親子3人分 ※各証券会社のデータを共通化用データベース
  • 【D】為替リスクの見える化 ~ My資産の通貨別・ポートフォリオ、為替リスクのシミュレーション(My資産の総額、増減など) ※これは【C】データベースと連動しています。

株式投資Excelテンプレートによる為替リスク(円高リスク)発生時の株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作成と「見える化」手順

通貨別と為替リスク別のグラフの比較。【図解】【為替リスク・含む投資信託・東証米国ETF】【SBI証券・親子3人版】明日の急激な円高を想定した為替リスクシミュレーションの見える化テンプレートの使い方
※ 通貨別・ポートフォリオ(現在値)-為替リスク・円高リスク・シミュレーション-見える化

 為替リスクのシミュレーション・見える化は、次の4つからなっており、順に説明します。

1) 通貨別・ポートフォリオ(見える化)■米ドルと日本円の割合

【C】データベースをピボットテーブルで集計グラフ化(見える化)

2) 為替リスクの有無別・ポートフォリオ(見える化)■為替リスクのある資産と為替リスクのない資産の割合

【C】データベースをピボットテーブルで集計グラフ化(見える化)

3) 為替リスク・シミュレーション

 2.で集計された数値を基に、ドル円を円高円安方法にシミュレーション

4) 為替リスク・シミュレーションのグラフ(見える化)

 3.のシミュレーションした数値を基にグラフ化(見える化)

 今回の説明では、数字をアレンジしていますので、使うときは自分の資産(金額)を入れて行ってください。 

 

【D】為替リスクの見える化

 ダウンロードしたファイルの中に 「【D】為替リスクの見える化 」というシートがありますので、それを見れば全体が俯瞰して見えます。拡大すれば、具体的に実行する手順もわかります。

じゃなさん

 今回は、【B】コード表と【C】データベースに、手を入れてます。

かん

 【B】のコード表とC】のデータベースに「為替リスク」欄(列)の追加新設)してます。

株式投資Excelテンプレートの【B】コード表と【C】データベースに「為替リスク」欄の追加(新設)

【図解Excel】【為替リスク・含む投信】【SBI証券・親子3人版】明日の急激な円高を想定した為替変動シミュレーションの見える化テンプレートの使い方
【B】コード表と【C】データベースに「為替リスク」欄(列)の追加(新設)
かん

 自分のオリジナルな仕訳ができることが、このサイトのウリですね。

じゃなさん

 そじゃな!

図解の説明(赤丸㋐~㋑)~【B】コード表と【C】データベースに「為替リスク」欄の追加(新設)

   ・赤丸㋐~【B】コード表に「為替リスク」欄(列)を追加(新設)

    ・為替リスクのあるものを「有」(海外資産で主に「米ドル資産」)

    ・為替リスクのないものを「なし」(日本円の資産)

   ・赤丸㋑~【C】データベースに「為替リスク」欄(列)を新設&読み込み

    ・VLOOKUP関数で為替リスクの有無をそれぞれ参照して読み込む

通貨別・株管理ポートフォリオ(円グラフ)

【図解Excel】【為替リスク・含む投信】【SBI証券・親子3人版】明日の急激な円高を想定した為替変動シミュレーションの見える化テンプレートの使い方
※ 通貨別・ポートフォリオ(円グラフ)&フィールドの選択
かん

 ここの説明は「通貨別」ですから、前の記事とまったく同じです。

 まず、為替リスクのシミュレーションの基本となる「通貨別・ポートフォリオの見える化」(現在の保有資産)の数字(金額や割合)を出す。その方法は、【C】データベースをエクセルのピボットテーブルを利用しての集計です。

図解の説明(赤丸①~⑤)~通貨別・ピボットテーブル集計から二重円グラフまで

現在の通貨別割合の集計ピボットテーブル作成

  ・④⑤は、ピボットテーブルのフィールド確認や変更する場合の方法

  ・④:ピボットテーブルの集計表の中で右クリックして「フィールドリストを表示する」

  ・⑤:①のピボットテーブルのフィールドの選択状況

   

②補助表の作成~二重円グラフ用の補助表

   ・①ピボットテーブルから③のグラフを作成するため補助表を作成   

③通貨別・ポートフォリオ(見える化)

   ・現在の通貨別の保有資産額と保有割合の算出結果 

かん

 この資産は、「円建て」と「ドル建て」のみです。

為替リスクの有無別・ポートフォリオ(円グラフ)

【図解Excel】【為替リスク・含む投資信託と東証上場米国ETF】【SBI証券・親子3人版】明日の急激な円高を想定した為替変動シミュレーションの見える化テンプレートの使い方
※ 為替リスクの有無別・ポートフォリオ(円グラフ)&フィールドの選択

  

かん

 この集計やグラフは、上と似てますが、「為替リスクが有るか無しか」の別となります。

図解の説明(赤丸①~⑤)~為替リスク別・ピボットテーブル集計から二重円グラフまで

現在の「為替リスク」の「有・なし」別の金額と割合の集計ピボットテーブル作成

  ・④⑤は、ピボットテーブルのフィールド確認や変更する場合の方法

  ・④:ピボットテーブルの集計表の中で右クリックして「フィールドリストを表示する」

  ・⑤:①のピボットテーブルのフィールドの選択:

     「行」とあるところに、「通貨」を「為替リスク」へ変更して指定

   

②補助表の作成~二重円グラフ用の補助表

   ・①ピボットテーブルから③のグラフを作成するため補助表を作成   

かん

 二重円グラフがあった方が、見える化の部分で分かりやすいと思ったので、補助表を作成してこのグラフを使ってます。

じゃなさん

 確かに分かりやすい。

③為替リスクの「有・なし」別・ポートフォリオ(見える化)

   ・現在の「為替リスクの有・なし」別の保有資産額と保有割合の算出結果 

かん

 この円グラフ見て、どーですか?

左が通貨別で、右が為替リスク別ですが。

通貨別と為替リスク別のグラフの比較。【図解】【為替リスク・含む投資信託・東証米国ETF】【SBI証券・親子3人版】明日の急激な円高を想定した為替リスクシミュレーションの見える化テンプレートの使い方

じゃなさん

 確かに、通貨別では、「円建て」と「ドル建て」で大体半々くらいじゃったのに、為替リスク別にすると「為替リスク・有」が「為替リスク・なし」の倍近くになっとる。これで円高になったら、それだけで大幅な下落と同じじゃな。こりゃ、大変じゃ。

為替リスクのシミュレーション(見える化)

【図解Excel】【為替リスク・含む投信】【SBI証券・親子3人版】明日の急激な円高を想定した為替変動シミュレーションの見える化テンプレートの使い方
※ 為替リスクのシミュレーション&フィールドの選択

図解の説明(赤丸⑥~⑨)~為替リスク別・保有資産のドル円レートによるシミュレーション

 

かん

 前回の記事では、基準日の「日本円保有額」と「米ドル保有の円換算評価額」でのシミュレーションをしていましたが、今回は、「為替リスク・有」と「為替リスク・なし」でのシミュレーションをしています。

⑥基準日の「為替リスク・有」と「為替リスク・なし」ピボットテーブルで作成

   ・⑦は、ピボットテーブルのフィールドの選択状況

     ~「列」とあるところに、「為替リスク」を表示させるように指定

⑧基準日のドル円のレート(手動or関数設定)~今回は手動で入力

かん

楽天証券のWEBサイトから、ドル円の為替レートをコピペして下さい。

じゃなさん

了解じゃ!

⑨基準日のドル円レートを基に、円安・円高での「為替リスク・有・なし」資産の円換算評価額と総額及び増減額のシミュレーション(下記グラフの参照元データとなる)

じゃなさん

為替の動きで結構大きく動くことが分かるじゃろ、みなさん。

為替リスク・シミュレーションのグラフ(見える化)

【図解Excel】【為替リスク・含む投信】【SBI証券・親子3人版】明日の急激な円高を想定した為替変動シミュレーションの見える化テンプレートの使い方
※ 為替リスクのシミュレーション(グラフ・見える化)

図解の説明(赤丸⑩~⑪)~為替リスク別・保有資産のドル円レートによるシミュレーションのグラフ化(見える化)

⑩為替リスクと資産の総額のシミュレーション

 ・ドル円レートとMy資産の総計額のシミュレーション

⑪為替リスクと資産の増減額のシミュレーション

 ・ドル円レートとMy資産の増減額のシミュレーション

じゃなさん

グラフにすると、映像が頭に残るな、数字と違って、よく分かるわ。恐ろしさも……

かん

この記事の数値は説明用ですが、ダウンロードしたデータは、【B】コード表に【C】データベース【D】見える化(集計・グラフ)が、全て関数や数式で連動しています。自分のデータを貼り付けて使ってください。

一度できれば、二度目からは簡単です。

こちらの記事も読んで

 投資信託については、この記事では表面上円建てだが実質全米や全世界で全てドル建ての商品という想定です。4分散バランス型などの場合は、その内訳でリスク係数を決めてする方法もあります。【例】その内訳で50%が「為替リスク・あり」であれば、「リスク係数」を「0.5」とする等です。(※このリスク係数を用いたテンプレートは、別記事で説明します。

おわりに:【図解エクセル】<無料>明日の急激な円高を想定した株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(楽天証券・親子2世代運用・NISA対応版)【為替リスク:実質上の円建てドル建てで区分】

  今回の記事は、

こんな人にオススメ
  • 急激な円高となった際、狼狽せず落ち着いて資金管理できるように、事前に円高による大幅下落を想定・シミュレーションしたい人
  • 為替リスク「有リスク資産」と「無リスク資産」の評価額とその割合を把握しておきたい人
    • (※このテンプレートは「実質上の円建て資産とドル建て資産」の観点で為替リスクを捉えています。)
  • 家族(複数人名義)の楽天証券の証券口座と銀行口座を一体化して、エクセル・ピボットテーブルで資金管理を行いたい人(銀行口座を含む)
  • シニアの方で親子2世代運用を行いたい人
  • 証券会社WEBサイトのMy資産ではなく、自分なりのオリジナルな仕訳をして見える化、可視化、ビジュアル化したい人
  • NISAの管理もおこないたい人
  • 確認用、検算用として日々の資金管理のサブで別角度から集計をしたい人
じゃなさん

今回も、ありがと!株は余裕資金でじゃな。

かん

 われわれ、高齢者は、ですね。親子2世代運用もありですよ。

【関連記事】

株管理ポートフォリオ作成の基本記事は(他社分あり)

【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事5本<全て無料>(SBI・楽天証券・2024年の新NISA移行対応予定)※Googleスプレッドシート版あり
【2024年の新NISA移行対応】【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事4本<全て無料>(SBI・楽天証券)※Googleスプレッドシート版あり 今回の記事は、いまさら聞けない基本の「き」として、エクセルによるSBI証券と楽天証券とSBIネオモバイル証券の株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方の基本記事を集めました。途中からブログ記事を読んだ方で、基本に戻って作り方や使い方を知りたいと悩んでいる方へ向けたものです。  一度作成してしまえば次回からは意外と簡単にポートフォリオができてしまいます。  全て無料配信です。  私が現に使っているExcelテンプレートを多数公開していますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。  参考になれば幸いです。...

親子2世代運用についてはコチラ↓

老後資金は親子2世代運用がおすすめ!Excelテンプレートで株管理ポートフォリオの作成【SBI証券・楽天証券・NISA対応】<無料配信>Googleスプレッドシート版も有
老後資金は親子2世代運用がおすすめ!Excelテンプレートで株管理ポートフォリオの作成【SBI証券・楽天証券・NISA対応】<無料配信>Googleスプレッドシート版も有 今回の記事は、親子2世代運用を目指している定年後のシニアの方やシニアを親に持つ方へむけての記事です。NISAにも対応しています。SBI証券や楽天証券の複数口座や複数名義など集計に悩んでいる方は、私が現に使っているExcelテンプレートを公開しますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

NISA対応の記事一覧

【おすすめ】株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成Excelテンプレート記事一覧(Googleスプレッドシート版あり)「sbi・楽天証券・NISA対応版」
【おすすめ】Excelテンプレートで株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成記事一覧【SBI証券・楽天証券・NISA対応】Googleスプレッドシート版あり<無料> 今回の記事は、2024年からのNISA枠の拡大を受け、老後資金の親子2世代運用を目指している定年後のシニアの方やシニアを親に持つ方へむけての記事の一覧表です。SBI証券・楽天証券版です。  NISA枠の拡大や2世代運用での複数口座や複数名義など集計に悩んでいる方は、私が現に使っているExcelテンプレートでポートフォリオ(円グラフ)を作る方法をぜひお使いください。  ピボットテーブルでの集計で、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

投資信託の内訳を含めたポートフォリオの作り方は、コチラ↓

投資信託の内訳を含めた株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcel基本テンプレートの使い方(SBI証券版・NISA対応)<無料>
投資信託の内訳を含めた株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcel基本テンプレートの使い方(SBI証券版・NISA対応)<無料> 今回の記事は、投資信託を含めたマイ資産のポートフォリオを作るのが面倒だと悩んでいる方へ向けたものです。  一度作成してしまえば次回からは意外と簡単にポートフォリオができてしまいます。  私が現に使っているExcelテンプレートを無料で公開しますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

 リスク別テンプレート一覧についてはコチラ↓

【おすすめ】リスク別・株管理ポートフォリオの作成とExcelテンプレートの使い方の記事一覧(SBI・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)<無料>
【おすすめ】リスク別・株管理ポートフォリオの作成とExcelテンプレートの使い方の記事一覧(SBI・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)<無料> 当ブログでは、ExcelやGoogleスプレッドシートによるコピペとピボットテーブルだけで株式ポートフォリオ等の見える化、可視化ができる、シニア投資初心者にも分かりやすい株式投資信託・資産運用管理用の無料テンプレートを配信しています。テンプレートは一部を除きNISAにも対応しています。  当ブログのExcelやGoogleスプレッドシートのテンプレートは、My資産の暴落リスクや為替リスクの保有割合を出したり、My資産の同時リスク(暴落リスク、為替リスク)発生を想定したシミュレーション等の予測作業も可能です  また複数証券会社の合体や家族まとめて一体化などいろいろ自分の思い通りオリジナルな見える化も可能です。  Excel版以外にもGoogleスプレッドシート版や、ExcelやGoogleスプレッドシートとマネーフォワードMEを融合させたバージョンもあります。  今回の記事は、これら配信しているテンプレートを「リスク種別・テンプレート」として記事を紹介しています。  これらのテンプレートが何か役に立てば幸いと思っています。...

 これまでに公開したテンプレートに関する記事一覧はコチラです。

※【楽天市場】楽天市場で「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

※【メルカリ】メルカリで「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

ABOUT ME
CAN(かん)
●60歳でサラリーマン定年退職後、10年目。「今日が一番若い日」と言いながらブログを始めたブログ初心者のオヤジです。●3つの証券会社分&家族全員分&100銘柄分をまとめて見える化できるExcelテンプレート無料配信中!
こちらの記事もおすすめ!
【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルの集計(合計・総計)が参照元データの集計と合わない、集計できない場合の原因と修正方法(事例②:「範囲の更新忘れ」or「範囲指定の間違い」) 2-5.Excel・スプレッドシート・ピボットテーブルの使い方

【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルの集計(合計・総計)が参照元データの集計と合わない、集計できない場合の原因と修正方法(事例②:「範囲の更新忘れ」or「範囲指定の間違い」)

2022年10月26日
らくぶる
今回の記事は、Excelのデータベースをピボットテーブルで集計したとき、参照元データ(データソース)の集計値とピボットテーブルの集計値(合 …
【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:最速1分で株式投資の同時リスク(株価暴落×円高)発生時の資産下落幅がわかるExcelテンプレート配信<無料>(SBI証券・楽天証券等・親子2世代運用版) 2-2-3.ダブルリスク

【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:最速1分で株式投資の同時リスク(株価暴落×円高)発生時の資産下落幅がわかるExcelテンプレート配信<無料>(SBI証券・楽天証券等・親子2世代運用版)

2022年7月27日
らくぶる
更新(2023/02/19):配信テンプレートの修正更新(【C】データベースの列ADの「銘柄」を【B】コード表からVLOOKUP関数で引く …