2-2-1.暴落下落リスク PR

【おすすめ】暴落を想定した株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とリバランスのやり方の記事一覧(SBI・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)記事一覧<無料>

【おすすめ】暴落を想定した株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とリバランスのやり方の記事一覧(SBI・ネオモバイル・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)記事一覧<無料>
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
かん
  1. 今回の記事は、当ブログの中の「暴落想定」の「まとめ記事」です。
  2. もし明日、大幅な株価下落や暴落があると、現在の資産がどのくらい下落するのか、
  3. その下落幅(金額&割合)を知っておきたい」
  4. そして、「暴落後にポートフォリオのバランスを元に戻す(リバランス)ためにはどのくらいの現金がいるのか?」
  5. 「それらを事前に想定していくらまでならリスクを取れるのか?」
  6. と、シミュレーションして「良いバランスはどこか?」を調整し最適解を算出するために作った記事を集めたものです。
かん

たしかにあります。ただ、私はこのテンプレートをよく使うんですよ。なぜかと言うと、私自身が「暴落がきても大丈夫なんだろか?」「実際に暴落が起きたことを前提にリバランスのやり方をシミュレーションできないか?」と心配で心配でたまらなかったから作ったんです。

じゃなさん

その気持ちはワシにもわかる。暴落も織り込んでおけ!ということじゃな。

かん

特に、「投資初心者の人」「人生残りが少ない人」「資産寿命をできるだけ延ばしたい人」は。

当ブログでは、2023年末までSBI証券と楽天証券とSBIネオモバイル証券の3つの証券会社をカバーしていましたが、2024年からは、SBIネオモバイル証券がSBI証券に統合されたため、当ブログがカバーしている証券会社は、SBI証券と楽天証券の2つとなりました。そのため、同2社をお使いの方は、同2社合体版をダウンロードしてお使いください。

※既に3社合体版を使っている方へ~【3社合体版のテンプレートから2社合体版への変更の場合】は、SBIネオモバイル証券の部分をエクセル(Googleスプレッドシート)の「行削除」で削除すれば簡単に変更できます。

【おすすめ】暴落を想定したポートフォリオ(円グラフ)の作り方とリバランスのやり方(SBI・ネオモバイル・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)の記事一覧 

※暴落を想定して、現在値の左から右へと順に、何度も仮想の数値を入れてリバランスしてポートフォリオを作り、取れるリスクの最適解を探っていく
※暴落を想定して、現在値の左から右へと順に、何度も仮想の数値を入れてリバランスしてポートフォリオを作り、取れるリスクの最適解を探っていく

おすすめ【暴落想定とリバランスのやり方】sbi・楽天証券関係記事一覧表

記事・種別備考SS版MF
【暴落リスク】楽天・SBI・1人【暴落想定とリバランス】●押す
【暴落リスク】楽天・SBI・ネオモバ・1人(MF個別)【SS版あり】【暴落想定とリバランス】●押す●押す○個別
【暴落リスク】【時短】楽天・SBI・ネオモバ・3人(MF一括)【親子2世代運用】【SS版あり】【暴落想定とリバランス】●押す●押す○最速
【暴落リスク】SBI・3人【親子2世代運用】【SS版あり】【暴落想定とリバランス】●押す●押す
【暴落リスク】楽天・3人【親子2世代運用】【SS版あり】【暴落想定とリバランス】●押す●押す

語句(表中の簡略語)の説明

じゃなさん

 表の中の言葉は

  • SS版」が、「Googleスプレッドシート版」のこと
  • 「MF版」とは、「マネーフォワードME」から証券データを取得して(コピペ)Excelやスプレッドシートに移してピボットテーブルでポートフォリオ(円グラフ)を作成して見える化したもの
  • 「MF版」には、「MF個別」と「MF一括」2つがある。(私が任意に命名したもの)
  • 「MF個別」と「MF一括」は、どちらも作業の時短化に役立ち、「MF一括」の時短効果は群を抜いているただし、MF版は、NISAに対応していない

等じゃったな。

注意事項

マクロは使っておらず、カスタマイズは可能です。

ダウンロードは自由ですが、ご利用は自己責任でお願いします。

※ダウンロードの際は、プライバシーポリシー/免責事項/著作権/リンク等を参照下さい。

当ファイルを利用することにより生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

質問や要望などありましたら、お問い合わせフォームにご連絡ください。できるだけのことはさせていただきます。

【更新中】株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成の配信済みテンプレート一覧

下記のボタンを押してもらえば「【公開用】テンプレート配信・記事一覧表」(Googleスプレッドシート版)が表示され、マイドライブにダウンロードできます。上記「一覧表」はその表↓の中から抽出したものです。

じゃなさん

表中のセルで「押す」と書かれたところにリンクを張ってるんじゃな

共有状態で開かれたGoogleスプレッドシートを保存する方法は以下の通りです。

「このテンプレート」を「マイドライブに保存」する手順

自分のGoogleアカウントでログインしている状態で

1 上記の黒色ボタンをクリックして、テンプレートを表示する

2「ファイル」→「コピーを作成」をクリックする

3「マイドライブ内にコピーされる」のでファイル名を変更して使う

まとめ:【おすすめ】暴落を想定した株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とリバランスのやり方の記事一覧(SBI・ネオモバイル・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)記事一覧<無料>

  

かん
  1. 今回の記事は、当ブログの中の「暴落想定」の「まとめ記事」です。
  2. もし明日、大幅な株価下落や暴落があると、現在の資産がどのくらい下落するのか、
  3. その下落幅(金額&割合)を知っておきたい」
  4. そして、「暴落後にポートフォリオ(円グラフ)のバランスを元に戻す(リバランス)ためにはどのくらいの現金がいるのか?」
  5. 「それらを事前に想定していくらまでならリスクを取れるのか?」
  6. と、シミュレーションして「良いバランスはどこか?」を調整し最適解を算出するために作った記事を集めたものです。
じゃなさん

「投資初心者の人」「人生残りが少ない人」「資産寿命をできるだけ延ばしたい人」は特に気を付けてくださいね。

【関連記事】

【絶対・参照】全てに共通する株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成テンプレートの基本記事

【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事5本<全て無料>(SBI・楽天証券・2024年の新NISA移行対応予定)※Googleスプレッドシート版あり
【2024年の新NISA移行対応】【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事4本<全て無料>(SBI・楽天証券)※Googleスプレッドシート版あり 今回の記事は、いまさら聞けない基本の「き」として、エクセルによるSBI証券と楽天証券とSBIネオモバイル証券の株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方の基本記事を集めました。途中からブログ記事を読んだ方で、基本に戻って作り方や使い方を知りたいと悩んでいる方へ向けたものです。  一度作成してしまえば次回からは意外と簡単にポートフォリオができてしまいます。  全て無料配信です。  私が現に使っているExcelテンプレートを多数公開していますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。  参考になれば幸いです。...

親子2世代運用についてはコチラ↓

老後資金は親子2世代運用がおすすめ!Excelテンプレートで株管理ポートフォリオの作成【SBI証券・楽天証券・NISA対応】<無料配信>Googleスプレッドシート版も有
老後資金は親子2世代運用がおすすめ!Excelテンプレートで株管理ポートフォリオの作成【SBI証券・楽天証券・NISA対応】<無料配信>Googleスプレッドシート版も有 今回の記事は、親子2世代運用を目指している定年後のシニアの方やシニアを親に持つ方へむけての記事です。NISAにも対応しています。SBI証券や楽天証券の複数口座や複数名義など集計に悩んでいる方は、私が現に使っているExcelテンプレートを公開しますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

NISA対応についてはコチラ↓

【NISA枠・拡大拡充に備えて】株式投資信託・資産運用管理ポートフォリオ作成用Excelテンプレートの使い方(老後資金の親子2世代運用版)【SBI証券・楽天証券】<無料>※スプレッドシート対応
【NISA枠・拡大拡充に備えて】株式投資信託・資産運用管理ポートフォリオ作成用Excelテンプレートの使い方(老後資金の親子2世代運用版)【SBI証券・楽天証券】<無料>※スプレッドシート対応今回の記事は、NISAに特化していますが、基本は老後資金の親子2世代運用を目指している定年後のシニアの方やシニアを親に持つ方へむけての記事です。複数口座や複数名義など集計し、その中にNISAが混在しており、NISAの集計や分析で悩んでいる方向けです。私がNISA確認用に使っているExcelテンプレートを無料で公開していますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

投資信託の内訳を含めたポートフォリオ(円グラフ)の作り方は、コチラ↓

投資信託の内訳を含めた株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcel基本テンプレートの使い方(SBI証券版・NISA対応)<無料>
投資信託の内訳を含めた株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcel基本テンプレートの使い方(SBI証券版・NISA対応)<無料> 今回の記事は、投資信託を含めたマイ資産のポートフォリオを作るのが面倒だと悩んでいる方へ向けたものです。  一度作成してしまえば次回からは意外と簡単にポートフォリオができてしまいます。  私が現に使っているExcelテンプレートを無料で公開しますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

 リスク別テンプレート一覧についてはコチラ↓

【おすすめ】リスク別・株管理ポートフォリオの作成とExcelテンプレートの使い方の記事一覧(SBI・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)<無料>
【おすすめ】リスク別・株管理ポートフォリオの作成とExcelテンプレートの使い方の記事一覧(SBI・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)<無料> 当ブログでは、ExcelやGoogleスプレッドシートによるコピペとピボットテーブルだけで株式ポートフォリオ等の見える化、可視化ができる、シニア投資初心者にも分かりやすい株式投資信託・資産運用管理用の無料テンプレートを配信しています。テンプレートは一部を除きNISAにも対応しています。  当ブログのExcelやGoogleスプレッドシートのテンプレートは、My資産の暴落リスクや為替リスクの保有割合を出したり、My資産の同時リスク(暴落リスク、為替リスク)発生を想定したシミュレーション等の予測作業も可能です  また複数証券会社の合体や家族まとめて一体化などいろいろ自分の思い通りオリジナルな見える化も可能です。  Excel版以外にもGoogleスプレッドシート版や、ExcelやGoogleスプレッドシートとマネーフォワードMEを融合させたバージョンもあります。  今回の記事は、これら配信しているテンプレートを「リスク種別・テンプレート」として記事を紹介しています。  これらのテンプレートが何か役に立てば幸いと思っています。...

 これまでに公開したテンプレートに関する記事一覧はコチラです。

※【楽天市場】楽天市場で「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

※【メルカリ】メルカリで「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

ABOUT ME
CAN(かん)
●60歳でサラリーマン定年退職後、10年目。「今日が一番若い日」と言いながらブログを始めたブログ初心者のオヤジです。●3つの証券会社分&家族全員分&100銘柄分をまとめて見える化できるExcelテンプレート無料配信中!
こちらの記事もおすすめ!
【図解エクセル】同時リスク(暴落×円高)が発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(楽天証券・老後資金の親子2世代運用・NISA・投資信託含む)<無料配信> 2-2-3.ダブルリスク

【図解エクセル】同時リスク(暴落×円高)が発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(楽天証券・老後資金の親子2世代運用・NISA・投資信託含む)<無料配信>

2022年8月15日
らくぶる
かん  今回のテンプレートでは、シニア高齢者代表のじゃなさんが悩んでいる「ポートフォリオの一部にバランス型の投資信託を保有した場合、全体で …
【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:【図解スプレッドシート】<無料>株価暴落を想定したポートフォリオ(円グラフ)の作り方(リバランスのやり方)とテンプレートの使い方(SBI・楽天証券等・1人用) 2-2-1.暴落下落リスク

【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:【図解スプレッドシート】<無料>株価暴落を想定したポートフォリオ(円グラフ)の作り方(リバランスのやり方)とテンプレートの使い方(SBI・楽天証券等・1人用)

2022年7月13日
らくぶる
  じゃなさん これは 「マネーフォワードMEを使ったもの」じゃな。最速版ではないが、証券会社が違えどマネーフォワードMEの …
【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルの集計(合計・総計)が参照元データの集計と合わない場合の原因と対策 2-5.Excel・スプレッドシート・ピボットテーブルの使い方

【超レア】【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルの集計(合計・総計)が参照元データの集計と合わない場合の原因と対策(事例①:コード表に未登載あり)

2022年10月25日
らくぶる
今回の記事は、Excelのデータベースをピボットテーブルで集計したとき、参照元データ(データソース)の集計値とピボットテーブルの集計値が合 …
【図解エクセル】【最速1分】同時リスク(暴落×円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作成とテンプレートの使い方(楽天+SBI+ネオモバイル証券・親子2世代運用版)MF最速版<無料配信> 2-2-3.ダブルリスク

【図解エクセル】【最速1分】同時リスク(暴落×円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作成とテンプレートの使い方(楽天+SBI+ネオモバイル証券・親子2世代運用版)MF最速版<無料配信>

2022年7月27日
らくぶる
更新(2023/02/19):配信テンプレートの修正更新(【C】データベースの列ADの「銘柄」を【B】コード表からVLOOKUP関数で引く …