2-2-3.ダブルリスク PR

【おすすめ】同時リスク(株価暴落×為替円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とテンプレートの使い方【NISA対応】記事一覧<無料>

【おすすめ】同時リスク(株価暴落×為替円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とテンプレートの使い方【NISA対応】記事一覧<無料>
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 今回の記事は、既に公開している記事の中から、

ダブルリスク発生時の資産の株価下落幅(率)が分かるテンプレートの記事【NISA対応】を一覧化

しています。

じゃなさん

 ワシの資産「暴落リスクと為替リスクのダブルリスクが急に起きたらいかんので、起きたときの下落幅や下落率」を知りたいんやが、テンプレートが多くてどれを使って良いのか分からんわどうかしてくれ(`へ´)フンッ。

 今回の記事は、こんな人におすすめです。

こんな人にオススメ
  • SBI証券、楽天証券、SBIネオモバイル証券で株式運用している人
  • エクセルやGoogleスプレッドシートのピボットテーブルを使ってポートフォリオを作成して可視化・見える化したい人
  • My資産の現在の「株価暴落リスク」と「為替円高リスク」の保有割合を知りたい人
  • NISA口座の管理もおこないたい人
  • My資産の「株価暴落リスク」×「為替円高リスク」のダブルリスク発生時の下落幅(率)を知りたい人
  • 複数口座、複数名義をまとめ一体化したポートフォリオを作成してリスク対策をおこないたい人

 

「株価暴落リスク」×「為替円高リスク」のダブルリスク用Excelテンプレート記事の一覧化(まとめ記事)の作成理由(NISA対応・Googleスプレッドシート版あり)

【まとめ記事】ダブルリスク発生時の資産の下落幅(率)を知るテンプレートの記事一覧(リスト)
じゃなさん

 今回のこのテンプレート一覧化の記事を書いた理由は?

かん

 最初に言いましたが、「ダブルリスク時の下落幅」のテンプレートをいろいろな場合別で作ったので煩雑になってきました。そのため、読者の方がどれを使っていいのか分かりやすいようにと思い、「まとめ記事」としてこの記事を書きました。

じゃなさん

何か言いたいことがあるんじゃろ?

かん

 はい。私のような国内株式は個別株でもっており、投資信託はすべて米国株の場合、わざわざ「リスク係数版」を使わずに、シンプルな「リスクの有無」だけの「シンプル版」で充分なんですよ。そんな方が多いんじゃないかと思います。

じゃなさん

それから、ホイホイ!

かん

 「リスク係数版」を使わず「リスクの有無」だけの「シンプル版」で充分なのに、それを知らずに、後発記事の「リスク係数版」を使っている人もいると思って、一言いわせてもらいました。

じゃなさん

 使う使わんは個人の自由じゃが、選び分けてくれ。その際、シンプル版でいい人はわざわざ係数版を使わなくでいい、ということじゃな

「株価暴落リスク」×「為替円高リスク」の「ダブルリスク・シンプル版」ポートフォリオ作成とテンプレートの使い方の記事一覧(NISA対応・Googleスプレッドシート版あり)SBI楽天証券

 (「シンプル版」とは、「リスクの『有&無』」を使うテンプレートのことです。逆に後述する「リスク係数」を使ったテンプレートのことを「係数版」と言って説明します。)

 下記の「シンプル版」一覧表は、私が公開している一覧表「20220702【公開用】テンプレート配信・記事一覧表」から抽出したものです。

記事・種別Excel版SS版MF
20【ダブルリスク】SBI・3人(為替×暴落)●押す●押す
21【ダブルリスク】SBI・3人(為替×暴落)(簿外口座)※失敗談①と同じ●押す●押す
22【ダブルリスク】楽天・SBI・3人(為替×暴落)●押す
23【ダブルリスク】楽天・SBI・ネオモバ・3人(為替×暴落)【最速】●押す●押す○一括
24【ダブルリスク】楽天・SBI・ネオモバ・3人(為替×暴落) ※ヤフーファイナンスと連携●押す★new

 ※青文字・アンダーライン部分に「シンプル版」の記事のリンクを貼っていますので、ご利用ください。

かん

「Excel版」「スプレッドシート版」があります。「MF一括版」はExcel等にマネーフォワードMEをプラスしたもので、やり方を覚えれば、最速1分もあれば見える化ができる時短版のことです。

かん

「簿外口座」とあるのは、私の失敗経験から作ったものです。

じゃなさん

 その失敗談は、「ダブルリスク・係数」テンプレート一覧の次の項目の【シニア投資初心者に読んでもらいたい失敗談の記事】ですよ。

「株価暴落リスク」×「為替円高リスク」の「ダブルリスク・係数版」ポートフォリオ(円グラフ)作成とテンプレート使い方の記事一覧(NISA対応・Googleスプレッドシート版あり)SBI楽天証券

 下記の「係数版」一覧表も、同じ一覧表「20220702【公開用】テンプレート配信・記事一覧表」から抽出したものです。

 「リスク係数」を使ったテンプレートのことを「係数版」と言って説明します。

記事・種別Excel版SS版MF
25【ダブルリスク】SBI・3人(為替×暴落)【4分散投信含む】■■係数■■●押す●押す
26【ダブルリスク】楽天・3人(為替×暴落)【4分散投信含む】■■係数■■●押す●押す
27【ダブルリスク】楽天・SBI・ネオモバ・3人(為替×暴落)【4分散投信含む】■■係数■■【最速】●押す●押す○一括

 ※青文字・アンダーライン部分に「係数版」の記事のリンクを貼っていますので、ご利用ください。

かん

シンプル版と同じように、「Excel版」「スプレッドシート版」があります。「MF一括版」はExcelにマネーフォワードMEを掛け合わせたもので、やり方を覚えれば、最速1分もあれば見える化ができる最高の時短版のことです。急ぐときには重宝します。ぜひ、使ってみてください。

 

注意事項

 マクロは使っておらず、カスタマイズは可能です。

 ダウンロードは自由ですが、ご利用は自己責任でお願いします。

 ※ダウンロードの際は、プライバシーポリシー/免責事項/著作権/リンク等を参照下さい。

 当ファイルを利用することにより生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

  質問や要望などありましたら、お問い合わせフォームにご連絡ください。できるだけのことはさせていただきます。

【更新中】これまでの配信済みテンプレート一覧(株管理ポートフォリオ作(円グラフ)成用)

 下記のボタンを押してもらえば「20220702【公開用】テンプレート配信・記事一覧表」(Googleスプレッドシート版)が表示され、マイドライブにダウンロードできます。上記「一覧表」はその表↓の中から抽出したものです。

じゃなさん

表中のセルで「押す」と書かれたところにリンクを張ってるんじゃな

 共有状態で開かれたGoogleスプレッドシートを保存する方法は以下の通りです。

「このテンプレート」を「マイドライブに保存」する手順

自分のGoogleアカウントでログインしている状態で

1 上記の黒色ボタンをクリックして、テンプレートを表示する

2「ファイル」→「コピーを作成」をクリックする

3「マイドライブ内にコピーされる」のでファイル名を変更して使う

まとめ:【おすすめ】同時リスク(株価暴落×為替円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とテンプレートの使い方【NISA対応】記事一覧<無料>

 今回の記事は、

こんな人にオススメ
  • SBI証券、楽天証券、SBIネオモバイル証券で株式運用している人
  • エクセルやGoogleスプレッドシートのピボットテーブルを使ってポートフォリオを作成して可視化・見える化したい人
  • My資産の現在の「株価暴落リスク」と「円高為替リスク」の保有割合を知りたい人
  • NISA口座の管理もおこないたい人
  • My資産の「株価暴落リスク」×「円高為替リスク」のダブルリスク発生時の下落幅(率)を知りたい人
  • 複数口座、複数名義をまとめ一体化したポートフォリオを作成してリスク対策をおこないたい人

に向けた記事です。

じゃなさん

今回も、ありがと!ところで、おまえさんはどちらを使ってるんじゃ?

かん

私はシンプル版です。投資信託は米国株式が一択ですから。

じゃなさん

 株式と債券、国内と海外、それら組み合わせでどれか一つが100%の場合は、リスク係数を使わずに、リスクの有無のみのテンプレート「シンプル版」を利用した方が断然シンプルですよ、ということじゃな。(*^ー^)

かん

 じゃなさん、よくお分かりで。attention KAWASE!

【関連記事】

株管理ポートフォリオ作成の基本記事は(他社分あり)

【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事5本<全て無料>(SBI・楽天証券・2024年の新NISA移行対応予定)※Googleスプレッドシート版あり
【いまさら聞けない基本の「き」】エクセルで株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcelテンプレートの使い方の基本の記事5本<全て無料>(SBI・楽天証券・2024年の新NISA移行対応予定)※Googleスプレッドシート版あり 今回の記事は、いまさら聞けない基本の「き」として、エクセルによるSBI証券と楽天証券とSBIネオモバイル証券の株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方の基本記事を集めました。途中からブログ記事を読んだ方で、基本に戻って作り方や使い方を知りたいと悩んでいる方へ向けたものです。  一度作成してしまえば次回からは意外と簡単にポートフォリオができてしまいます。  全て無料配信です。  私が現に使っているExcelテンプレートを多数公開していますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。  参考になれば幸いです。...

親子2世代運用についてはコチラ↓

老後資金は親子2世代運用がおすすめ!Excelテンプレートで株管理ポートフォリオの作成【SBI証券・楽天証券・NISA対応】<無料配信>Googleスプレッドシート版も有
老後資金は親子2世代運用がおすすめ!Excelテンプレートで株管理ポートフォリオの作成【SBI証券・楽天証券・NISA対応】<無料配信>Googleスプレッドシート版も有 今回の記事は、親子2世代運用を目指している定年後のシニアの方やシニアを親に持つ方へむけての記事です。NISAにも対応しています。SBI証券や楽天証券の複数口座や複数名義など集計に悩んでいる方は、私が現に使っているExcelテンプレートを公開しますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

NISA対応についてはコチラ↓

【NISA枠・拡大拡充に備えて】株式投資信託・資産運用管理ポートフォリオ作成用Excelテンプレートの使い方(老後資金の親子2世代運用版)【SBI証券・楽天証券】<無料>※スプレッドシート対応
【NISA枠・拡大拡充に備えて】株式投資信託・資産運用管理ポートフォリオ作成用Excelテンプレートの使い方(老後資金の親子2世代運用版)【SBI証券・楽天証券】<無料>※スプレッドシート対応今回の記事は、NISAに特化していますが、基本は老後資金の親子2世代運用を目指している定年後のシニアの方やシニアを親に持つ方へむけての記事です。複数口座や複数名義など集計し、その中にNISAが混在しており、NISAの集計や分析で悩んでいる方向けです。私がNISA確認用に使っているExcelテンプレートを無料で公開していますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

投資信託の内訳を含めたポートフォリオの作り方は、コチラ↓

投資信託の内訳を含めた株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcel基本テンプレートの使い方(SBI証券版・NISA対応)<無料>
投資信託の内訳を含めた株管理ポートフォリオ(円グラフ)の作り方とExcel基本テンプレートの使い方(SBI証券版・NISA対応)<無料> 今回の記事は、投資信託を含めたマイ資産のポートフォリオを作るのが面倒だと悩んでいる方へ向けたものです。  一度作成してしまえば次回からは意外と簡単にポートフォリオができてしまいます。  私が現に使っているExcelテンプレートを無料で公開しますので、ぜひお使いください。ピボットテーブルで集計をしており、使いやすさ、分かりやすさを追求して作成しております。参考になれば幸いです。...

 リスク別テンプレート一覧についてはコチラ↓

【おすすめ】リスク別・株管理ポートフォリオの作成とExcelテンプレートの使い方の記事一覧(SBI・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)<無料>
【おすすめ】リスク別・株管理ポートフォリオの作成とExcelテンプレートの使い方の記事一覧(SBI・楽天証券・NISA対応・Googleスプレッドシートあり)<無料> 当ブログでは、ExcelやGoogleスプレッドシートによるコピペとピボットテーブルだけで株式ポートフォリオ等の見える化、可視化ができる、シニア投資初心者にも分かりやすい株式投資信託・資産運用管理用の無料テンプレートを配信しています。テンプレートは一部を除きNISAにも対応しています。  当ブログのExcelやGoogleスプレッドシートのテンプレートは、My資産の暴落リスクや為替リスクの保有割合を出したり、My資産の同時リスク(暴落リスク、為替リスク)発生を想定したシミュレーション等の予測作業も可能です  また複数証券会社の合体や家族まとめて一体化などいろいろ自分の思い通りオリジナルな見える化も可能です。  Excel版以外にもGoogleスプレッドシート版や、ExcelやGoogleスプレッドシートとマネーフォワードMEを融合させたバージョンもあります。  今回の記事は、これら配信しているテンプレートを「リスク種別・テンプレート」として記事を紹介しています。  これらのテンプレートが何か役に立てば幸いと思っています。...

 これまでに公開したテンプレートに関する記事一覧はコチラです。

※【楽天市場】楽天市場で「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

※【メルカリ】メルカリで「エクセル・ピボットテーブル」関連の商品購入はこちらから↗

ABOUT ME
CAN(かん)
●60歳でサラリーマン定年退職後、10年目。「今日が一番若い日」と言いながらブログを始めたブログ初心者のオヤジです。●3つの証券会社分&家族全員分&100銘柄分をまとめて見える化できるExcelテンプレート無料配信中!
こちらの記事もおすすめ!
【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルのエラー表示「指定したフィールド名は既に使用されています」の原因と対処方法(楽天SBI証券・NISA対応・株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用テンプレート) 2-5.Excel・スプレッドシート・ピボットテーブルの使い方

【エクセル:エラー事例】ピボットテーブルのエラー表示「指定したフィールド名は既に使用されています」の原因と対処方法(楽天SBI証券・NISA対応・株管理ポートフォリオ(円グラフ)作成用テンプレート)

2022年12月15日
らくぶる
【事例】ブログで公開している株管理ポートフォリオ作成用のExcelテンプレート(楽天SBI証券・NISA対応)のピボットテーブルで集計した …
【図解スプレッドシート】同時リスク(暴落×円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(SBI証券・老後資金の親子2世代運用・積立NISA等・投資信託含む)<無料配信> 2-2-3.ダブルリスク

【図解スプレッドシート】同時リスク(暴落×円高)発生時の資産の下落幅が分かる株管理ポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(SBI証券・老後資金の親子2世代運用・積立NISA等・投資信託含む)<無料配信>

2022年8月12日
らくぶる
かん  今回はシニア高齢者の代表者のじゃなさんのMy資産の一部にバランス型の投資信託を保有した場合、全体の株価暴落リスクと円高為替リスクは …
【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:【図解エクセル】<無料>最速1分>株価暴落を想定したポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(リバランスのやり方)【SBI・楽天証券等・親子2世代運用】 2-2-1.暴落下落リスク

【おすすめ】マネーフォワードMEの便利な使い方:【図解エクセル】<無料>最速1分>株価暴落を想定したポートフォリオの作り方とテンプレートの使い方(リバランスのやり方)【SBI・楽天証券等・親子2世代運用】

2022年6月4日
らくぶる
更新(2023/02/19):配信テンプレートの修正更新(【C】データベースの列ADの「銘柄」を【B】コード表からVLOOKUP関数で引く …